標語とスローガン

安全標語 工場 (工場という現場)

工場や建設工事現場での作業現場では年末年始を迎える時期になると特に安全が喚起されるようになり、年末安全標語・年末年始安全標語という名の下に様々な安全標語が掲示されるようになります。また、工事現場の作業場の内外にも共通する問題として交通安全も見逃せず、交通安全標語に掲示も無視してはなりません。

安全標語の例には、様々なものがありますが、良く言われる言い方として次のようなものがあります。

建設現場の安全標語には、安全標語建設・建設業安全標語・安全標語工事があり、工場などでは、安全標語工場・工場安全標語などがあります。また、双方の共通した安全標語として、作業安全標語・職場安全標語・危険物安全標語などが挙げられます。

現場での安全標語では、作業上の安全確認などが重視されますが、作業員の健康管理も安全確保には重要です。いわゆる、労働安全標語や医療安全標語による注意の喚起もゼロ災職場構築には欠かせません。

年末を迎える慌しい時期ではありますが、安全の注意喚起と問題意識高揚の施策の一環として、安全標語作成という行事が従業員に課されます。面倒とは思わずに、安全標語作品を安全標語集から閲覧するなどして、良い安全標語例を参考に、安全標語の作成に取り組んでいきたいものです。

安全標語が生まれる現場の様々について以下に述べています。

冬季の安全標語

冬季には凍結した路面で足場の危険が増します。毎年必ず転倒する人が出るものです。日頃、口うるさく転倒防止を叫んでいた上司が転倒して骨折などという話もあり洒落にもなりません。さらに、冬期は機材も身体も硬直状態にあり、思わぬ操作ミスなどに繋がるケースも多くなります。こういった冬独特の現象はまた、冬季の安全標語を作成する上での参考にもなるかもしれません。

製造行程作業の安全標語

製造ラインでの作業は危険な稼動機械の間に身を置く行為。作業に慣れない頃には注意をしていますが、慣れが注意力を緩和して、思わぬ事故の発生に。指先や足先は常に危険な部位です。身体の先端が巻き込まれて命に及ぶことも。製造工程での事故事例を反映した安全標語には、関係者が目にした場合、その感じ方には深いものがあるようです・・。部外者であっても、その危険性を感じられるような、安全標語の作品が出来ればそれは秀作と言えましょう。

夏季の熱中症と安全標語

夏場の労働安全衛生を脅かすものは「熱中症」です。近年、ヒートアイランド現象のみならず、地球温暖化の傾向からか、毎年のように熱中症で亡くなる方が報じられています。職場としても建設関係が特に注意しなければならないのが熱中症です。職業や生業には、強い「義務」が伴い、無理をしがちです。思いもよらぬ過酷な状況が現出するのも建設業界。現場では想像を絶する体験もあるでしょう。それこそ、安全標語に反映したいものです。

「危険!危ない」を連呼する安全標語

危ない!を連呼するような安全標語も多いようです。危険である、危ないということが様々な表現で作品に。時に笑わせ、時に語呂合わせの妙に感じ入れせといった傾向を感じます。川柳としての募集をかける団体もあります。作品自体がお笑いであっても、その作品を通じて危険への意識が喚起されれば安全標語の使命は達成されます。

感電注意の安全標語

感電も建設業界に多い脅威です。電気は触れた瞬間に発生する危機。水濡れもその誘引であり要因です。電気工事では、危機回避の点から作業手順等が厳格に定められています。ところが作業効率の優先からそれが「おざなり」になることもあるやに。人身の安全を最優先にする安全第一の思想は欠かせません。作業効率はその次にして頂きたいものです。安全第一・生産第二。それが実現されない実情改善を安全衛生標語で喚起したいものです。

警備員の方々の安全と安全標語

警備員の方々は、必ずや工事現場や建築現場にはいらっしゃいます。警備員の誘導や保全行為によって職場の安全や工事現場周囲の安全は守られています。しかし、警備員の方々自身の安全はどうか?車両の移動や機材の落下に伴う危険。夏場・冬場の健康面での脅威など、警備員への安全衛生上の脅威は多いもの。警備員の方々こそ、安全標語作成のエキスパートかもしれません。