トレンカ・レギンス・スパッツ

トレンカのコーデは従来のレギンスと差別化を

黒のトレンカを穿いた足

トレンカのコーデという以上、トレンカレギンスならではのコーディネートがしたいもの。トレンカが穿き易いという実用重視の考えから、トレンカを履いていることをあえてアピールしなくても良いという場合、たとえば、足首の丈以上のソックスなどを外側から履いてしまうような場合、トレンカを穿いているのか従来のレギンスなのか、はたまたタイツ・スパッツなのか一見わからなくなってしまいます。このような場合、トレンカとアッパー、トレンカと靴・靴下とのコーデは、レギンスやスパッツのコーデと変わることがなくなってしまいます。

なので肝心のトレンカならではのコーデにこだわるのであれば「トレンカを穿いていることがわかる<トレンカの着こなし>」が必要になってきます。いわゆる、つま先とかかとが出ていることがわかるようにすることが最低条件となってきます。

トレンカとのコーディネートは従来のレギンスと差別化(違うものに)して

トレンカがリリースされたばかりの頃は春先の温かみの感じられる季節に開放感豊かに着用するファッションとして注目を浴びました。そしてこの頃の商品紹介画像などには「素足にトレンカ」というものが主流となっていましたし、街中でトレンカを着用する女性の足元が素足であったことも思い起こされます。今でこそトレンカの内側にソックス着用のいでたちを見ることがありますが、やはり、トレンカがリリースされた頃の「素足にトレンカ」こそ、トレンカらしさがアピールされていたと思えてなりません。

故にトレンカならではのコーディネートを考える場合は、アッパーとのコーデ以前に足先部分のコーデこそが最優先であると思うのです。素足にトレンカこそ、美脚・足長効果(足が見た目で長く見える)を発揮させる要素であることを念頭に足先のコーデを考えるならば、トレンカの下に靴下やソックスを履く場合は、明るい・薄い色のものを着用し、靴にはパンプスの薄いベージュ系を用いるということになると思います。これそ無難なトレンカの足先コーデとなるでしょう。

ただ、トレンカのコーデに他人と差別化を図りたい場合が問題です。上記の無難なコーディネートをどのようにアレンジするのか?アレンジしておかしくなりはしないのか?ファッション誌のモデルのコーデを参考にするという手もありますが、自分に本当に似合うコーデなのかという観点も重要です。このように迷ってしまった場合、トレンカのコーデは無難なラインでおさめておいてアッパーとのコーデを考えた方が良いと思います。

この場合、モデルさんのコーデを参照するにしても足先だけを見るより簡単なのではないでしょうか。新出のトレンカ以前に、長きに渡り訓練されている既存ファッションのアッパーとボトムスのコーデの方が容易いのでは?という考えです。

まとめ記事:トレンカ・レギンスをめぐる事情について