トレンカ・レギンス・スパッツ

トレンカに似合う靴と靴下とバリエーションについて

黒のトレンカを穿いた足

トレンカとソックスという命題は少し前まで、トレンカに合うソックスをどうコーデするか、ソックスを履いてトレンカを装うにはどんな色のトレンカにどんなソックスがマッチするのかという問題でした。ところが最近「トレンカソックス」という、そのまんまの商品が登場し一部で話題を集めています。

トレンカソックスの登場と相前後して、トレンカタイプのニーハイソックスであるとか、トレンカのハイソックスタイプというように、足先のトレンカ特有の形状が頻繁に「トレンカタイプ」として流用されるようになっていて、出るべくして出た商品がトレンカソックスであったかと思われてなりません。トレンカタイプ、ここに極まれリというところでしょうか。

これまでのトレンカはトレンカレギンスの名のとおり、足の上部から足先へとレギンスの魅力にトレンカ独自の足先形状が加味されて、美脚・足長効果というアピールを前面に出してきました。それが足先の形状にこだわるかのような流行が芽生えてきたということでしょうか。そうであるならば、なにもトレンカをしっかり穿かずとも、このトレンカソックスに靴のコーディネートでファッションのバリエーションを手軽に広げることができるようになったと言うべきでしょうか。

それはともかく、従来からのトレンカについて、靴や靴下(ソックス)との合わせ方について見てみましょう。

トレンカと靴の合わせ方

トレンカを見て「かわいい」という印象を持たれる方が多いのですが、トレンカならではの美脚・足長効果を期待するには、トレンカを穿いていることがわかるような靴選びは必須となります。そしてそれに最もふさわしいと思われ、また実際に履かれているのが『パンプス』です。足長効果を発揮させる黒系のトレンカに薄いベージュ系のパンプスがこそが定番といって良いと思います。

しかし、あえてトレンカを実用服と考えて、トレンカを穿いていることが判らなくとも良いということであれば、従来どおりタイツと靴との取り合わせを用いれば良いということになります。

トレンカと靴といえば上記のようになるでしょうが、トレンカに合う「履物」というと「サンダル」ではないかと思えてなりません。かかと穴あきレギンスであるトレンカにとって、かかと部分を露出することはトレンカらしさを100パーセントアピールすることになります。これもまた最近、ブーツサンダルなる新アイテムが登場しました。サンダルの全体と上部がブーツのように囲われたデザインで、その囲み方も、中の足が垣間見えるようカゴのように作られています。これぞまさしくトレンカ用の履物ではないかと思っています。また、トレンカソックスとブーツサンダルとの相性も抜群ではないかと思います。

トレンカと靴下の合わせ方

トレンカの美脚・足長効果を生かすような「靴下」の合わせ方を考えれば、トレンカには黒系のものを用いて、靴下にはそれを引き立てる薄い色のものを使うというのが定番ではないかと思われます。ただ、美脚・足長効果だけがトレンカの魅力ではなく、トレンカ独自の形状を生かして、靴下とのコーディネートを楽しむこともカジュアルならではの楽しみ方ではないでしょうか。

さて、トレンカと靴下の合わせ方を考える前に、トレンカの足首から先の構造に着目してみます。「靴下」の一種で足首から下の構造がトレンカと同じものも「トレンカ」と言われているという事実があります。こういったタイプにはニーハイトレンカと呼ばれるものがあり、この場合、つま先とかかとがあいた「靴下」と言えましょう。トレンカとはレギンスの新しい一種であるというより、タイツ(あるいはスパッツ)とレギンス及び靴下を対象にしたばあいの足首から先のありかた(構造)に対する呼称(前述のトレンカタイプのように)と言って良い状況にあると言えます。

トゥーフェトゥーフェ(touffe touffe)というところからトレンカソックスとスニーカーソックスのセットが販売されています。トレンカレギンスしかご存知ない人には混乱するかもしれませんが、トレンカソックスとはつま先とかかとの部分のないハイソックス(つま先のみ開いているものもあり)でその下にくるぶし位までの丈のスニーカーソックスを合わせるというセットになっています。

トレンカソックスとスニーカーソックスのセットにはバリエーションがあり、この取り合わせこそ、トレンカレギンスと靴下の合わせ方の参考になるのではないでしょうか。

トレンカ周辺のアイテムに実に豊富なバリエーション出現してきました。こうなるとトレンカはこうあるべきというものが崩壊していくように思います。なので、なにをやっても自由という観点から、トレンカと靴下(ソックス)について、トレンカ独自の美脚・足長効果を度外視(無視・考えない)した場合であってもトレンカが便利な点を挙げてみました。

靴下を穿いた場合の便利な点

タイツ着用の場合かかとや足先が消耗して穴が開き、タイツそのものを交換しなければいけませんが、トレンカの下に靴下を穿いた場合には靴下のみの交換で済みます。また、タイツ着用で靴を履く際、ともするとかかと上部の生地が上に寄れる場合がありますがトレンカであればその心配がありません。

靴下を穿かない場合の便利な点

従来の足首までのレギンスの上からレッグウォーマーを着用すると、レッグウォーマーが靴下を穿かない足の甲を刺激して痒くてこまる場合がありますが、トレンカならその心配がありません。

まとめ記事:トレンカ・レギンスをめぐる事情について