年末年始の行事と旅行

年末年始2015のカレンダー 最大9連休

2014年(平成26年)の年末から2015年(平成27年)の年始にかけての年末年始については、特に大手旅行各社が「今年の年末年始は最大9連休」と宣伝しているように、昨年同様の大型連休が期待されています。昨年の2013年の年末年始が11年ぶりの9連休であったと言いますから、それが2年連続するということになります。はたして、年末年始の9連休が2年連続するのは「何年ぶり?」なのでしょうか。

2014年から2015年の年末年始カレンダー










2014年12月 20日(土)[友引]
21日()[先負]
22日(月)[大安]
23日(火)[赤口]
24日(水)[先勝]
25日(木)[友引]
26日(金)[先負]
27日(土)[仏滅]
28日(日)[大安]
29日(月)[赤口]
30日(火)[先勝]
31日(水)[友引]

①最大9連休
②最大9連休
③最大9連休
④最大9連休
⑤最大9連休

冬至ゆず湯
天皇誕生日

クリスマス
官庁御用納め

大晦日

2015年 1月 01日(木)[先負]
02日(金)[仏滅]
03日(土)[大安]
04日(日)[赤口]
05日(月)[先勝]
06日(火)[友引]
07日(水)[先負]
08日(木)[仏滅]
09日(金)[大安]
10日(土)[赤口]
11日(日)[先勝]
12日(月)[友引]
13日(火)[先負]
14日(水)[仏滅]
15日(木)[大安]
⑥最大9連休
⑦最大9連休
⑧最大9連休
⑨最大9連休
元日
初夢、書き初め

官庁御用始め
小寒
七草

鏡開き
成人の日


年末年始(2014年から2015年)のカレンダーと何年ぶりかの最大9連休

この最大9連休とは、官庁の御用納めが2014年12月26日の金曜日で、翌日の12月27日から翌年の御用始めの前日にあたる、2015年1月4日までの期間が【9連休】になっていることから言われているようです。

この年末年始が9連休という事実は、国内旅行にも該当しますが、特に海外旅行のツアーの場合、早期予約が必要なものが多く、年末年始に海外旅行を企画される方にとっては、2014年9月の段階でも遅いくらい・・。

その一例として、阪急交通社の企画する「今年の年末年始は最大9連休!まだまだ間に合う年末年始特集!」では、今日現在(2014_09_26)で「受付終了」だらけとなっています。

今年の年末年始は最大9連休!まだまだ間に合う年末年始特集
https://www.hankyu-travel.com/k/hij-i/nenmatsu/

『TABIZINE』というサイトの以下「最大9連休」に関する記事では、おすすめの海外旅行先を「年末年始におすすめの国って?」というタイトルの下、きれいな写真入りで紹介しています。このような情報を目にすると、海外旅行に憧れる御仁としては、自身のアクションの遅さに歯噛みしてしまうかもしれません。

TABIZINE
今年も最大9連休!年末年始の海外旅行は今が買い時らしい!
https://tabizine.jp/2014/09/09/19021/

しかし、一般企業ではなかなかこのように9連休は難しいところもあり、また、官庁関係でも、年末年始に稼動している部署があることは否定できません。

今年の年末年始(2014⇒2015)に関心を示されるあなた様の状況はいかがでしょうか・・。