年末年始の行事と旅行

年末年始 旅館・ホテルのキャンセル待ちは?

年末年始の旅行は客足がピークを迎える時期でもあり、宿泊先のホテルや旅館はどこもいっぱい。だから早い予約を入れないといけないのですが・・。日程がなかなか決められない、年末年始に旅行する気持ちは無かったがやはり行きたくなった等々、様々な状況もあることでしょう。

ここと決めた旅先の宿が一杯の場合、「キャンセル待ち」という方法がありますが、これは100%泊まれるということではなく、期待して・・・というもの。あまり期待できなさそうであれば、諦めて別の宿をあたって我慢する・・ということもあろうかと思います。

キャンセル情報は待ちうけの網を張って

楽天トラベルやじゃらんやJTBなど、大手旅行会社の宿泊先情報には膨大なものがありますが、地域や宿の条件を絞っていくと、ピーク時にはやはり、厳しさを感じます。

昨今、宿泊先の旅館やホテルも、楽天にだけ登録ということはなく、じゃらんやJTBにも情報提供をしていると言います。宿泊可能なお部屋の数の割り当てを大手各社に割り振るというやり方のようです。この場合、楽天への割り当て数がキャンセルによって「余った」からと言って、他の会社にまわすというようなことは出来ず、全体として縦割り区分によるキャンセル待ちの情報漏れが発生する可能性があるという話がありました。

宿のキャンセル状況をメールで通知してもらえる

また、キャンセル待ちは見つけた人が即ゲットするので、ネットで四六時中監視しなければならず大変なことです。これを解消してくれるのが【メールでお知らせ】のシステムです。宿泊先予約監視システムというサイトでは、キャンセル待ちを期待する【旅人】に代わって、年中無休で宿泊施設の予約状況とキャンセルを空くまで監視し続け、空いたら即メールで報告してくれます。楽天トラベル掲載のほぼ全ての宿泊施設(日本国内 26,879件)のキャンセル待ちに対応しているとのことです。利用しましょう。

キャンセル情報はその都度確認せずに、最新情報を待ち受けするということです。

宿泊先予約監視システム
https://www.yadonoakimachi.com/

やどうらドットコムでは、ホテルや温泉宿の閑散期には激安で予約できて、ピーク時にも安い空室を見つけることができる旅行ページです。

やどうらドットコム
https://www.yadoura.com/