年末年始の行事と旅行

年末年始のバイキングで人気の旅館・ホテルの穴場

年末年始の宿泊先を決める際、最も気になるのが、食事がおいしいかどうか。そして庶民にとっては、いかに安く、旅館・ホテルの「おいしい食事」をゲットするかが課題となります。

高級旅館での部屋食はあこがれでもありますが、けしてリーズナブルとはいきませんし、食べ盛りのお子様連れの家族には、あまりふさわしくないシチュエーションとはいえません。

そこで、「食べ放題バイキング」の登場ということになります。

ファミレスなど、日常生活の周辺にも普及している「食べ放題バイキング」は、数々の旅館やホテルでも実施していて、宿泊を伴わずともリーズナブルに利用できる昨今です。そして、利用者のニーズに応えて、年末年始の宿泊にあっても、より良い食べ放題を提供しようとする動きが年々盛んになっているようです。

大手旅行各社の対応する年末年始の食べ放題プランを見ただけでも、『夕食バイキングにこだわった温泉のあるホテル・宿』、『温泉旅館の夕食バイキングプラン』、『バイキング食べ放題の宿』、『グルメ旅行・バイキングの宿』、楽天トラベルでは年末を意識するころから毎年『バイキング付きプラン』を打ち出しています。

楽天トラベルの年末年始に泊まれる宿

下記、楽天のリンク先は現状(2014_09_23現在)過去の表示ですが、紹介された宿のリンク先は最新の情報のものが多く、役立つと思われます。

楽天トラベルのバイキング付きプラン

その他旅行大手各社の年末年始・宿泊バイキング情報

ホテル・ジェーピーお風呂(夕食バイキング)にこだわって温泉のあるホテル・宿を検索

るるぶ・「夕食バイキングプラン」全国の温泉旅館・温泉旅行

阪急交通社>ホテル・旅館>バイキング食べ放題の宿

ゆこゆこ・国内旅行>グルメ旅行>バイキングの宿

食べ放題(バイキング)の筆者周辺の事情から

食べ放題のバイキングがファミリーレストランなど、日常生活でもあたりまえになっています。特に、お腹の空くお子様連れのご家族や中学・高校の育ち盛りの人たちには重宝しているのではないでしょうか。

食べ放題の中身も、肉系・寿司系・デザート系など、トータルに提供するところ(グローバルバイキングなど)もあれば、イタリアン料理に特化するところ、あるいは朝食に特化するところと様々。

しかし、これだけバイキング(食べ放題)を実施するところが増えると人気に差が出て、バイキングを中止したり閉店したりと競争も激化しています。この点は、良いところが残るという意味では、消費者にはありがたいところかもしれません。

筆者の在住する地方都市では、近くのココスに人気があり、数百円の金額設定で、連日、朝食のバイキングを実施しています(2014年9月現在)。飲み放題に「ホットミルク」と「鉄観音のウーロン茶」があって妻が好んでいるのですが、これはイケるというメニューが1ポイントあると好感が持てます。だだ、このところ、品数が少なくなって来たような。

少し足を延ばすと、ステーキガストがあります。千円前後の金額で、ご飯とカレー・惣菜・サラダ・飲み物が食べ放題なのですが、この金額でのステーキだと、筆者には、同店の出すハンバーグの方がおいしく感じられ、我が家では『ハンバーグガスト』と言っています。

実は、このステーキガストの並びに、寺島精肉店というところが経営する「トンカツ屋さん」があり、けっこう人気で筆者もたまに利用していました。メール会員にもなり、週に一度はご案内が来ていたのですが、急にメールが来なくなり、現地に足を運ぶと、お店はなくなっていました・・。

これに比べてお隣のステーキガストは平日の昼も夜も大盛況。この手のバイキング(食べ放題)のパワーを感じた次第です。年末年始に限らず、ブッフェ・バイキング(食べ放題)を実施する旅館やホテルも、その内容を研究しなければ、淘汰される運命にあるのではないでしょうか。